クイックアシスト機能を使ってキーボード復旧作業を実施

レスキューいちばん☆星

 昨日は、N様よりキーボードが認識しなくなったためログインできないと相談がありました。通常であればレスキューいちばん☆星で出張しての対応となるのですが、N様は遠方であったのとコロナ対策のため、Windows10のクイックアシスト機能を使ってリモート接続して復旧作業を行いました。

 初めはお電話で相談を受けていました。昨日マウスを新しい物に交換したという話があり、ワイヤスレスレシーバーの接触を疑い何度か指し直しをしてもらいましたが状態は変わりませんでした。

 そこで有線のキーボードに差し替えてもらってみたものの、症状が変わらないため、以前i様のキーボード障害の時にご紹介したソフトウェアキーボードを使ってログインしていただきました。デスクトップ上でPCアイコンを右クリックして、コンテクストメニューのプロパティを選択してもらい、左上のデバイスマネジャーからキーボードのプロパティを選択して動作を確認したところ問題がありませんでした。

 ここまでは電話でのやりとりとなりましたが、こちらではUSBの抜き差しの確認ができないので、クイックアシスト機能を使ってN様のPC画面を確認することにしました。以前、自分自身もマウスの調子が悪くなったことがあり、USBの差し込み口を変えたところPC側に認識されたことがあったので、N様にUSBの差し込みを変えていただいたところ、右下のタスクバーに新しいデバイスを認識している様子が確認でき、入力も問題なくできることをリモート画面上で確認することができました。

 原因としては、PC側のUSBポートの不具合と思われるのですが、一つ気になることがあり、もしかしてエアコンを使っていないお部屋でパソコンを使っていますか?と聞いていたところ、やはりエアコンを使っていませんでした。今年の酷暑は本当に命の危険を感じますが、パソコンは熱を発していますし、熱に弱い機器です。USBには電力を供給する機能があり、無線キーボードなどは通信を行っているため発熱しやすいため、熱によって障害が発生した可能性が高いとご報告いたしました。ご高齢の方はエアコンを使わない傾向にありますが、ご自身が熱中症にならないこともそうですが、パソコンの寿命を延ばすためにも適切に冷房をお使いいただきたいと思います。

 クイックアシスト機能はAnniversary Update以降のWindows10同士であれば利用することができます。今回遠方と言うこともあり、クイックアシスト機能とお電話で復旧作業の対応をさせていただきましたが、コロナが心配という方や遠方のでも安心してご利用いただくことが可能です。

 出張型パソコン教室のいちばん☆星ですが、最近はリモート接続によるサポートやZOOMを使った遠隔レッスンにも力を入れております。コロナのためパソコン教室に行くのが心配という方は、いちばん☆星にお気軽にご相談ください