フィッシング詐欺の一例(画像付)と対策

インターネット詐欺

フィッシング詐欺とは

フィッシング詐欺という言葉はご存じでしょうか。有名企業を装って、ID、パスワードやクレジットカードを不正に入手する詐欺の手口です。通信会社、プロバイダーなどで注意喚起が多く行われていても、残念ながら被害が絶えません。以前だと、なんじゃこの変な日本語の文面はというレベルで、これはおかしいでしょうという物もありました。ただし、最近ニュースになった佐川急便の事例では、一見しただけでは本物か偽物か判別が難しいものが登場していますので、ご注意ください。

フィッシング詐欺の中身

本日、私の所に届いたフィッシング詐欺の迷惑メールをご紹介します。多くの表題は、○○の理由でIDやパスワードが無効になった○○が理由でクレジットカードの登録が必要になった、などと個人情報の提供を促す内容です。今回のメール内には正しいamazon.co.jpというアドレスが書かれていますが、リンク先を確認するとamazon.co.jpではない偽サイトへのリンクが張られていて、詐欺メールであることがわかります。

フィッシング詐欺事例

フィッシング詐欺に騙されないために

1、こういった内容のメールは絶対にクリックしない
2、迷っても、 絶対にメール内のお問い合わせには連絡しない。 googleやヤフーで公式サイトを検索して、そちらからお問い合わせ窓口に相談する。
3、利用していない会社、サービスであれば迷うことなく無視!


もし誤って入力してしまったら、クレジット会社やサービスを運営している会社を検索して、公式サイトからクレジットの停止やID、パスワードの変更を速やかに行って犯罪に利用されないようにします。

ウイルス対策ソフトを入れておけば、危険なサイトへのアクセスを警告してくれたり、オンラインバンキングのアクセスもセキュアブラウザで安全に接続が出来ます。

怪しいメールを見抜くポイントは、
・緊急や至急と判断や行動を急がせる
・ID、パスワード、クレジットカードなどの情報を要求

という2点がほとんどになると思います。また、これからも新しい内容や手口が登場することと思いますので、最新の詐欺事例に注して、どんな手口があるのか関心を持つことも大事だと考えます。

フィッシング詐欺はメールだけじゃない

今回の事例はメールですが、携帯電話のSMSで送りつけるケースもあります。一時ひどかったのはFacebookで、友人のアカウントが乗っ取られて、偽商品の販売サイトに誘導するケースがありました。本物の友人からの通知なので、なんだろとうっかり見てしまう人もいると思いますが、SNSの利用にも注意が必要です。最近は、スマートフォンを利用したコミュニケーションアプリも多くあり、メール以外の利用時も十分注意してください。

フィッシング詐欺の相談窓口

フィッシング詐欺の被害に合った時には警視庁の相談窓口「フィッシング110番」で相談しましょう。また、フィッシング詐欺と思われるサイトの報告ができる「フィッシング対策協議会」があるので、自分が被害に遭わなくても、他の人が被害に合わないようにしたいですね。