Rigel3教室お試し体験レッスン開催報告

 2019年4月21日に大和市市民活動拠点ベテルギウスのレンタルオフィスRigelの3教室 (Atelier Pianoforte、パソコン・スマホ教室いちばん☆星、猫背改善専門スタジオ やまと) が合同で体験お試しレッスンを開催いたしました。天気も良かったのですが、急なキャンセルもあり受講者が少なくなりましたが、逆にのんびりとした雰囲気の中で進められて良かったです。

「よくある「猫背は悪い」という勘違い」

 トップバッターは、 猫背改善専門スタジオ やまとの千葉さんでした。千葉さんから身体のゆがみを改善するために、日常自分で出来る体操やマッサージを教えてもらいました。身体がゆがむ原因に着目して、 もみほぐしで気持ちよく施術するのではなく、身体の痛む原因に目を向けて対処療法ではなく、改善しようとする姿勢に大変共感しました。

 ほんの少し鎖骨の下をマッサージして、腕をぶらぶら小刻みに動かしたんですが、身体がひらく感覚が分かりました。パソコンをやっていると職業病的な所と肩こりなど諦めていたのですが、毎日取り組めそうだと思いました。多くの方が千葉さんのところに来られて施術、指導を受けていますが、人気の理由が分かった気がします。

「テレビ電話でおしゃべりしましょう」

 2番手は、パソコン・スマホ教室いちばん☆星の寒河江です。いつもはマンツーマンレッスンなので、少々緊張してスタートしたのですが、あらかじめ用意をしていたi-Padを使ってテレビ電話で楽しくおしゃべりすることができました。途中会場を抜けて1階の自動販売機まで行き、自動販売機をカメラで写して、選んでもらったお茶を買って戻りました。テレビ電話はおしゃべりするだけでなく、様々なことに応用できる、買い物などの普段の生活でも、便利に使うことができるということをお伝えしました。

 スマホをお使いの受講者がおりましたが、LINEを使ってテレビ電話はすでに体験済みとのことでした。しかし、今回ご紹介したスカイプは初めてで、音声認識による字幕機能やデスクトップ画面の共有機能をご紹介いたしました。

 字幕機能のご紹介の後、受講者自身の市民活動で、中途失聴者との会話のためにUDトークを活用されているとお話しがありました。UDトークは、音声認識して字幕を作成してくれるアプリなんですが、UDトークを含む多くのコミュニケーションテクノロジーを活用して、様々な支援が広がっていければともいます。

  社会福祉協議会の職員方が 福祉分野は、ICTの普及に課題があると言われていましたが、一般の方も含めてまだまだICTが使いこなせていないなと感じます。今後も多くの方にパソコンやスマホを使っていただき、豊かで楽しい生活のお手伝いができればと思います

「自分だけの御朱印帳をつくろう」

ラストは Atelier Pianoforteの中野さんのカルトナージュのレッスンです。 「カルトナージュ」は、厚紙で形をつくり、布や紙を貼って仕上げる、フランス発祥の伝統的な手工芸ですが、初めてレッスン風景を見ました。私と違って教え方が上手くて大変勉強になりました。お手本を見せて、やってもらって、必要以上に支援をしない辺りの加減とペースが素晴らしいと感じました。

 パソコンでも楽しい物づくりはできるわけで、アルバムの作成やカレンダーの作成など新しい講座のアイデアが浮かびました。さらにカルトージュとのコラボなども将来的に実現ができればいいなと思いました。

受講のお礼

 Rigel3教室のお試し体験レッスンにご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。ベテルギスはもちろん、起業家支援スペースRigelのことをこれからもたくさんの方に伝えいかなければならないと思いました。これからも魅力的なレッスン企画をしてまいりますので、引き続き、よろしくお願いいたします。